介護タクシー開業ブログ

【保存版】30代の方が介護タクシー開業される時の注意点

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

ども、なっかんです!

昨日は介護タクシーのご相談に姫路から介護タクシー開業のご相談

30代と若い方からご相談でした!

そうです、私のYOUTUBEをご覧いただいてましたので

あ!YOUTUBEと一緒の声や!と言われてました(笑)

YOUTUBE はじめ Twitter ブログなどをご覧いただいた後に

介護タクシー開業のご相談に来られた方は親しみを持っていただけます

介護タクシーはじめ若い方の起業 素晴らしいです 

全日本介護タクシー開業サポートグループも応援させてただ来ます

もちろん、30代と若い方の起業のメリットもデメリットあります

30代の方が介護タクシー開業される時の注意点を書き記しておきますね

まず、この方もそうですが 30代と言えば 子育て世代ですね

ということは これからも子育てにお金がかかるってことです

一人だと食うのも我慢したらええですが。。子供の場合はそうはいきません

しっかりとした事業計画を立てる必要があります 子育てにこれくらいかかるな~とか

え?介護タクシー頑張ったらええやん!ガンガン売り上げ立てて 社員雇って

ってな抽象的な事では上手くいかないです!はっきり申し上げて

これはこのブログでも再三再四にわたり お伝えしていますが。。。。

今日介護タクシー開業しました!はい!ガンガン電話が鳴りやまずに。。。。。

もう笑いが止まりません。。。なんてことは現実にないと思ってください

まず、起業したら 自社を分かってもらうための営業活動をしていかなくてはなりません

コツコツと続けていかなくてはなりません!!!一回行って終わりではなくて

そうです、これも何度もこのブログで御話をしていますが いくら高齢化社会で

老人の人口が増えるからといっても 営業して顧客を獲得しないとダメです

それほど、介護タクシー事業は甘くありません。

介護タクシー儲からない! って嘆いてる暇はありません

トライ&エラーを繰り返して 自分の営業スタイルの確立をしてガンガン攻めてください

例えば チラシポスティングをしたとします そうすると問題点が必ず出てきます

それと気づきも出てきます これは1回2回しただけではわかりません

ある程度やったら出てきます 

営業のご挨拶でもそうです こういう挨拶をしたら反応が良かった

などを自分なりにリサーチして身に着けていく必要があります

種もまいてないのに花が咲いたりすることは絶対にないんです

とりあえず アクションを起こす これしかありません

 

さて、少し話がそれそうになったので 話を戻して

事業計画ですが とりあえずこういった現実を話すと

ある程度余裕資金がいる!って事 お気づき頂いたと思います

そうですね、介護タクシーが軌道に乗るまでのの生活資金の確保をどうするか?

それがいくらくらいなのか? ここを はっきりしておかないとダメです

そこから 介護タクシー開業資金をどれくらいの金額を用意して

余裕資金をどれくらいおいて 軌道に乗るまでのお金を逆算していく必要があります

例えば、 ヨシ 300万円で介護タクシー開業しよう!と言う場合に

全てを介護タクシー開業資金に充てるのではなくて 

150万円の予算を車両代金・営業許可やその他諸々の費用に充てよう!

そして 残りを余裕資金に充てようっていうやり方もできます

はい、こういった事業計画の調整 全日本介護タクシー開業サポートグループにお任せください

それと、配偶者やご親族の理解を得るためにも こういった事業計画が必要になってきます

人間として人生を送る中で 一回 介護タクシーで起業チャレンジをしたい!

でも、配偶者の方の理解を得ないと 事業自体がうまくいきません 

だって先ほど御話したように生活を共にしているのですから それでも

今まで安定した生活を捨ててチャレンジするのです

”介護タクシー開業する” あなたも不安ですが 配偶者の方も不安です

だって、生活が一変するんですから 生活費がどうなるんだろう?

きっちっと安定した生活がこれまで通りに 送れるのだろうか??

これ当たり前な感覚ですよ! 

俺!一発 金儲けしてやるよ~的な発言では 納得されないと思います

だってそうでしょ?

では、ここで質問です

貴方の友人AさんとBさんが 起業のご相談に来たとします

Aさんは 「俺よ~一発 このビジネスで当ててやるよ!!!数年後には大邸宅を立ててやるよ」

 

Bさんは 「俺このビジネスで起業をしたい ついては こういった事業計画を立てた

どう思う この計画甘いかな?これだと無理なくいけると思うんだが・・」

 

はい!どちらが具体性があって 現実性があるでしょうか?

あなたは、どちらの方を ヨシ 真剣に相談に乗ってやろう!って思われます??

私はBさんの方です。だって具体性があって上手くいく確立が高いと思います

そうそれだけ事業計画を立てるって必要なんです

 

 

それと、万が一も考えておくって事です。

起業は必ずしも全員が全員 上手くいくとは限りません

優勝劣敗が必ず出ます!当たり前です 資本主義の世の中ですから

最悪、”介護タクシー廃業”という最悪の事態も想定する必要もあります

そうです、引き際です。万が一介護タクシー廃業っていう事態に陥っても

一家離散なんていう最悪の事態にならないようにしておく必要があります

30代の方の場合。。。。

子育てのこともあるので この辺りもしっかりと介護タクシー開業する前から

計画を立てる必要があります。

もちろん、こういった計画についても介護タクシー開業相談の時に

具体的に御話をさせて頂きますね!

あ、それと。。。。。賢明なこのブログの読者ならもうお気づきですよね??

全日本介護タクシー開業サポートグループがなぜ?

リーズナブルな価格での介護タクシー開業をご提案するのか?

それはね、こういった上手くいかなかったケースでもきっちりと

次のステージで生活できる事も想定しやすいからです。

起業するって不安も伴います !不安だ!不安だ!と

思っていても前に進まないんです

それよりも、不安は何か? これと これと これと!

とまとめて 問題解決の事業計画を立てていく。。。

それと、万が一があっても こうやってやっていけるやん!

というように不安を解消していって

肩の力を抜いて 介護タクシー開業っていうチャレンジできる環境を

自分で作っていくって事です

 

30代の場合 介護タクシー開業のメリットは 介護タクシー開業失敗しても

若さがあるので次のステージに行くことも年配の方に比べたら容易です!

ということは 年配の方に比べると介護タクシー開業しやすい環境にあります

ただし、しっかりと行動計画事業計画を立ててリーズナブルな価格で

介護タクシー開業をするって条件ですが 。。。これを見落としたりしないで!

いわゆる事前準備ですね

このリーズナブルな価格ってのは 各々 生活スタイル や

介護タクシーに当てれる金額に違って違います

ですから、 全日本介護タクシー開業サポートグループで

こういった詳細を綿密に打ち合わせをしていきます 私どもと一緒に

どうです?そう考えると 案外 きちっと理論通りにやっていって

リスクマネジメントしたら 介護タクシー開業って

案外 起業しやすいかもわかりません他の事業に比べて 

だってどこか賃貸物件をかけて飲食店などの御店をするって場合だと

下手をすると桁が一つ違う資金が必要となってきますから。。。。。

一回、話を聞きたいって方は全日本介護タクシー開業サポートグループ

までお問い合わせください 

 

 

 

 

 

 

 

      介護タクシー開業を成功に導くのに必要は事は!

 

▼介護タクシー・福祉タクシー開業サポート▼

車両代金・諸費用込み70万円から介護タクシー開業がOK

 

お問い合わせはこちらから!

 

 

全日本介護タクシー開業サポートグループに加入される行政書士を募集中

 

詳しくはこちらの動画をご覧ください

 

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

この記事へのコメントを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。*がついた欄は必須項目です


Facebook

PAGE TOP