介護タクシー開業ブログ

2018年古物営業法改正

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

ども、なっかんです!

2018年古物営業法改正により

許可を受けているものでも

主たる営業所等の届出を提出する必要があります

最寄の警察にご相談ください!

主たる営業所等の届出がないと営業が出来なくなるとか。。。。

昨日、私も警察に行って参りました

警察の安全課の方にお伺いすると

他府県にまたがって商売される方は県ごとに許可を取っていたが

主たる営業所等の届出を提出することによって一つの県の許可証でよいとの事

それと、もう一つ高齢化社会の影響で古物商の許可を取っていても

実際には商売を辞められている方もたくさんいらっしゃるのでそれの把握の一面も

あるのでは?とおっしゃっていました

私も車屋・介護タクシー開業支援事業で中古車を扱いますので古物商の許可には

敏感にならざるをえませんね

 

Hi I am NAKKAN.

Last year, Japanese goverment reformed law about second hands goods busienss.

We have to hand in document which is related to headoffice adress

even tough we had already second hands goods buisness permission.

IF you don`t hand in document yet, you should hand in document to police

as soon as posible.

If you don`t hand in document to police, you will not be able to do second hands goods busienss.

I asked about this law to Policeman.

Untile now, Big company need second hands goods permisinon depends on prefecture.

From now , They need one permission at head office prefecture.

Some SME closed seconds hand goods buisness even tough they had permission….

may be, Japanese goverment arrange these data through reformed Law….

I need second hands good business permission ,because I sell re-complete  car

 

 

 

 

 

DSC_0366

 

▼介護タクシー・福祉タクシー開業サポート▼

車両代金・諸費用込み70万円から介護タクシー開業がOK

お問い合わせはこちらから!

全日本介護タクシー開業サポートグループに加入される行政書士を募集中

     マレーシアビジネスマッチングツアーのご案内

     令和元年11月16日から19日に開催決定!

         お問い合わせお待ちしております

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

この記事へのコメントを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。*がついた欄は必須項目です


Facebook

PAGE TOP